advice

復縁のために電話をかけるときのNG行動とは


・衝動的にとにかく電話をしてしまう

復縁したいと思ったら、とにかく猪突猛進で行動しようとする人がいますが、これがもっともダメなパターンです。
復縁できるかどうかは、あなたの行動にかかっています。無計画に突き進んでも、良い結果となる可能性はかなり低いでしょう。
一度、なにかの理由で別れてしまったのです。その理由がなんなのか、くり返さないためにあなたはどうするのか、そこまできちんと考えてから復縁の電話をしなくては、相手もくびを縦にふりにくいです。
ただ強引に「復縁して」を連呼しているだけだと、余計に相手に嫌われてしまうことも。確実に復縁をしたいのであれば、思い立った衝動で電話をするのは止めてくださいね。

・意に沿わないことを言われても怒らない

こちらが復縁希望を伝えても、相手が簡単に受け入れてくれるとは限りません。話が進むにつれ、過去のトラブルを思い出して、感情がヒートアップして怒鳴りあいになってしまった、なんてケースもあります。しかし、これでは復縁の可能性は限りなく低くなってしまいます。
自分の意に沿わないことや、自分への苦情を電話で伝えられたとしても、まずはグッと我慢して受け入れましょう。
辛いかもしれませんが、逆にこれは自分の何が悪かったのか理解するチャンスでもあるのです。
別れた怒りがまだ胸の中でくすぶっているうちは、なるべく電話は避けたほうがいいですね。

・かけるタイミングをきちんを考える

相手にも仕事や生活があります。普段どんな生活をしていて、どのタイミングならゆっくり落ち着いて話を聞いてくれるのか考えてから、電話をかけてください。
仕事の繁忙期にかけてしまい、まだ会社で電話を取られて、話も聞いてもらえなかったということがないように。
このように、電話での復縁にはコツがあります。
できれば慌てないように、まずは注意点や話したいことをメモして、それを見ながら冷静に話せるようにするのがおすすめです。
まだ自分で電話をかける勇気がなかったら、恋愛系電話相談などに電話をして、アドバイスをもらいつつ復縁要請の練習するのも、成功の秘訣ですよ。