advice

『恋愛の悩みは女友だちより第三者に』


■尽きることがない恋愛の悩み、誰に聞いてもらうのがベスト?
早熟な方だと幼稚園頃から始まる恋愛の悩み。幼い頃は「●●くんが好き!」だけなのに、成長するにつれ、その悩みも「あの人と接点を持つ一番自然な方法は?」と深くなってきます。

皆さんは恋愛の悩みを相談する相手として、誰が一番に思い浮かびますか?母親?女友達?職場の人?この中だと損得感情なしに話を聞いてくれそうな人と言えばやはり母親でしょう。

しかしあまりにも身近過ぎて、寧ろ恋愛相談しづらいですよね?また女友達や職場の人の場合は、あなたが勘が働くタイプなら、変に忖度してしまって思い切った恋愛の相談はしづらいのではないでしょうか?

また、もしあなたの恋愛相談の内容が難しい場合、相談相手の恋愛経験値があまり高くなければ、あなたの納得いくようなアドバイスをくれることを期待できない可能性も否定できません。
かと言って恋愛経験値が高い人は周りにいないし、さあどうしよう?と悩んだ経験や、あるいは今、そんな悩みを抱えている方は意外とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

■悩みこそ第三者に
そんなあなたにおすすめなのが、「専門家である第三者に相談すること」。

例えば、あなたには仲良し5人組の女友達がいるとします。おそらく恋愛の相談はそのグループの誰かにするでしょう。

あなたはそのグループの仲間であるAさんに恋愛相談をしたのですが、それが同じくグループのBさんにバレてしまったとします。
その結果、Bさんから「なんで私に一番に相談してくれなかったの!?」と責められた…なんて「女友達あるある」な話ですよね?

しかし第三者に相談すれば、こんな心配はまずありません。しかも上記の事例だと、AさんはBさんにあなたの恋愛相談の内容を勝手に喋っていることに。これもありえないことですが、「女友達あるある」ではないでしょうか。

もちろん第三者なら、そんなことは絶対にしませんので余計な心配も不要なのです。心置きなくあなたの思いの丈をぶつけることができますので、恋愛相談はまず第三者にすることをおすすめします。