counseling

恋愛電話相談でカウンセリングに失敗する時


恋愛電話相談することで、多くの人が恋愛を成就させております。ただ中には、残念ながら成果がでず、恋愛が発展しなかった例もあります。これはカウンセリングに失敗してしまったからです。なぜ失敗してしまうのでしょうか。

カウンセラーと合わなかった

最も多い理由の一つに、カウンセラーと合わなかった、ということが挙げられます。相手は恋愛のプロとはいえ、必ずしも電話での相談を受けることで正しいアドバイスができるわけではありません。相談者とカウンセラーのコミュニケーションが上手くいかないことで、状況が正しく伝わらず、アドバイスが的外れなものになってしまうことは十分にあり得ます。また、世代が違うことで、話がかみ合わなかったという人もいらっしゃいます。
カウンセラーは基本的に指名性を採用しているところが多いため、プロフィールなどで自分に合いそうな人を探します。ただ、指名性ではなかったり、実際に話してみると想像と違ったなどで、カウンセリングが失敗に終わることがあります。そういった目に遭わないためにも、カウンセラーは、何人か話をしてみて、一番しっくりくる人を選ぶ方がよいかもしれません。

アドバイスに従わなかった

失敗するパターンの一つに、カウンセラーのアドバイスに従わなかった、ということがあります。電話で相談している時は、言われた通りにしようと考えていても、意中の相手を目の前にすると、思った通りの行動ができないことがあります。また、相手といい感じになり、自分の力だけでいけると過信してしまい、暴走気味になってしまう人もいらっしゃいます。
恋愛中は自分のことが客観視できなくなり、ついつい自分本位でアタックしてしまうこともあります。その結果、相手に引かれてしまい、大失敗に終わることも珍しくありません。そうならないためにも、カウンセラーのアドバイスには従い、焦らずにじっくりと相手との距離を縮めましょう。

必ずしも成功するとは限らない、だから恋愛は難しいと言えます。恋愛電話相談は、あくまで恋が成就するための可能性を高めるものであり、100%ではないということは理解し、利用しましょう。