counseling

「恋愛電話相談のカウンセリングを受けても失敗する原因」


恋愛電話相談でカウンセリングを受けた人の多くが、恋の悩みから抜け出して、恋愛を成功させています。しかし、相談した人が全て良い方向へ向かっているとは言えず、中には、恋愛電話相談を利用しても、恋がうまくいかなかった人もいます。

●なぜカウンセリングが失敗したのか?

恋愛電話相談を利用しても恋が成就しなかった人は、カウンセリングがうまくできなかったと考えられます。その原因は、「カウンセラーとの相性が良くなかった」ということもあるでしょう。恋愛電話相談のカウンセラーは、専門的な知識を身に付けたプロですが、人と人との問題なので、必ずしも成功に導けるわけではありません。カウンセラーとの相性も重要で、相談者がカウンセラーとコミュニケーションをうまく取れないと感じているのなら、カウンセラーには必要な情報が伝えられないので、アドバイスも全くの的外れになってしまいます。また、相談者とカウンセラーの世代の違いが原因で、話の内容に共感してもらえなかったり、考え方が合わなかったりすることもあります。

●自分に合ったカウンセラーを見つけることが大切

恋愛電話相談では、カウンセラーを指名できるようになっていることもあるので、プロフィールなどをよく読んで、「この人なら話しやすそう」と思うカウンセラーを探すと良いでしょう。しかし、在籍のカウンセラーが少なくて選べなかったり、自分に合いそうなカウンセラーを見つけても、実際に話してみたら話がかみ合わなかったりして、カウンセリングが失敗してしまうこともあります。そのようなことにならないために、できるだけ多くのカウンセラーと話してみて、話しやすく信頼できる人を選びましょう。

●カウンセラーのアドバイスには従う

失敗の原因は、「カウンセラーとの相性が合わなかった」ということの他に、「相談者がアドバイスに従わずに行動した」ということもあります。アドバイスをもらってそれに従おうと思っていても、目の前に好きな人が現れると、頭の中が真っ白になってしまったり、暴走してしまったりすることもあります。

恋をしていると、自分のことが客観的に見られなくなり、自分勝手な言動をとってしまいがちです。そして、相手に嫌がられて、その恋愛が失敗してしまうという最悪の結果に終わることもあるのです。一度失敗した恋を実らせるのは簡単なことではないので、そうならないために、カウンセラーからのアドバイスには従って、落ち着いて言動をとるように気をつけましょう。