irai

復縁工作を依頼した方が良いケース


復縁した理由をしっかりもつこと別れてしまった相手とどうにかして復縁したいけど、復縁工作を依頼するのは勇気がないし、復縁工作がどんなものかわからないから迷う、という方も多いでしょう。どんな時に復縁工作を依頼したら良いのかというと、それは大切で必要な人とまた未来を作っていきたいけど、どうすることもできないから助けてほしい、と思った時です。

ただ別れたことが辛かったり、1人になってさみしかったりという理由で、もう一度付き合いたいという人は、復縁への気持ちがあいまいなので、復縁工作を依頼しても、「やっぱり復縁しなくてもいいかな」と急に投げやりになったり、気持ちが冷めてしまったりすることもあります。復縁工作を依頼するのは結構なお金が必要になるので、途中でやめてしまってはお金も無駄になります。また、ただ一緒に居られる相手が欲しかった、という浅い願望から復縁に至ったとしても、将来的に幸せになれなかったり、“体の関係”という最悪の関係になったりしてしまうこともあります。

専門家による復縁工作は、復縁が成立する前から将来的につながる復縁を目指します。そのためには、別れた原因を徹底して調べてその原因を見直して、復縁したからも同じ原因でまた別れてしまわないように、問題などを改善するように提案します。さらに、復縁してからの2人の絆がこれまで以上に深まるようにサポートします。このように、復縁工作は復縁を実現するだけでなく、その後の未来につながるためのお手伝いまで行っているのです。復縁工作の依頼を受けられないケースところが、復縁できる可能性があっても、復縁工作の依頼を引き受けられないこともあります。

それは、「フラれたから」「傷つけられたから」など、意地になっているだけで、その相手が自分にとって大切な人というわけではない場合です。また、復縁したい相手が、ほかの人とすでに結婚している場合も、もちろん引き受けてもらえないでしょう。このような場合は、相手の幸せを奪って傷つけてしまいます。自分は復縁したいと思っても、相手は幸せをつかんでいるのなら、自分勝手に無理やり復縁させることを考えるのではなく、相手の幸せを喜んであげるべきです。復縁工作のプロでも、誰かを深く傷つける結果になるケースは、サポートすることはできないので、相手のことも十分に考えることは大切です。