irai

復縁工作を依頼するときの注意点


■復縁工作の必要性を考える

なかなか良い人に巡り合えないと、あのとき別れなければ良かった…そう思ってしまうこともありますよね。今頃どうしているのか気になっても、なかなか連絡を取ることができないこともあります。近くに共通の知り合いがいれば近況を知ることくらいはできますが、いない場合は復縁工作のプロに依頼するという方法もあります。
けれども、そうしたプロに依頼する前に本当に必要かどうか考えてみることをオススメします。一時的な寂しさからそう思ってしまっている場合もありますし、別れた理由によってはせっかく復縁しても、同じことが繰り返されてしまう可能性もあります。
まずは、そうした点を踏まえた上で自分自身を見つめ直して、本当に必要なことかどうかじっくりと考えてみられることをオススメします。

■依頼先を選択する

ご自分にとって復縁工作が必要なことだと確認できたなら、次は依頼先探しです。依頼先を決めるときには次の点を確認すると良いでしょう。

1.法人登記されている。あるいは、法人番号を確認することができる。
2.代表者名・所在地・連絡先等が明確にされている。

法人登記については、法務局で情報を入手することができますが、そこまでするのは面倒な場合は国税庁の法人番号検索サイトで法人番号を確認することができます。このサイトでは法人の商号、所在地から法人番号を調べることができます。

■見積書の作成を依頼する

法人登記されていて会社としてのプロフィールも確認できる所が見つかったら、次は見積書の作成を依頼しましょう。
料金の内訳が詳細に記載されているかどうか確認してください。実際に依頼した後で追加料金が請求されてくることがありますので、雪だるま式に料金が膨らんでしまって、こんなハズではなかった…という事にならないようにするためにも事前に明確にしておきましょう。
その場で依頼するかどうかは決めないで、作成された見積書を持ち帰って他社の見積書と比較検討した上で決めることをオススメします。その場で決めてしまうと見落としや確認不足がある場合もありますので、依頼先のトークに乗ってしまわない冷静さも必要になりそうです。