price

復縁工作の料金設定について


復縁工作業者の料金やサービスは、業者によってかなり違います。業界では料金の規定がなく、それぞれの業者が自由に設定できるようになっているからです。
業者の料金設定はどのようになっているのか、形態別に紹介します。

契約期間での料金設定

ある程度の期間を区切って料金を設定しています。3カ月や半年など、契約期間内であれば工作日数の上限は問わないなどという業者が多いようです。しかし、実際には期間内にほとんど何も手を打っていなかったということが発覚して、依頼者とトラブルに発展したケースもあります。
依頼をする際には、契約書をよく読んで契約期間内の調査や工作回数の明記と、どのような形で報告書提出をするのかを確認しましょう。また、契約後も依頼者から頻繁に連絡をして、進捗状況を確かめましょう。

実働回数での料金設定

依頼内容によってプランを立て、依頼者と相談しながら実際の調査・工作方法をシミュレーションしながら検討します。それによって必要な実働回数を計算し、料金を設定します。
業者が行動を開始した以降は、実際にどのような動きをしているかを、依頼者はきちんと把握しましょう。そのためにはこまめな連絡や、報告書提出の確認が必要です。

調査体制による料金設定

相手の現状を把握するために調査を行うスタッフの体制によって、料金設定をします。業者によって、稼働人員は違う場合もあります。これも実人数やかかる時間、報告書提出の確認をしましょう。

サポート体制による料金設定

復縁成功には業者の能力・手法も大事な要因ですが、依頼者自身が変わることも重要なポイントです。
相手の、依頼者に対する本音を聞くと依頼者の問題点がわかってきます。問題点を改善していき、依頼者が変わっていくことが、相手の気持ちも変えることに繋がります。
そのためのアドバイスやサポートをしていく体制作りをして、料金設定をします。この場合もサポート内容を、あらかじめ確認しておきましょう。

復縁工作には、業者に人員と時間をかけてもらうわけですから、料金も高くなるのはやむを得ません。上記の項目別の料金になるのか、トータルの料金なのかを確認して、納得した上で契約をしましょう。