seikouritu

偶然は待っていても起こらない。復縁工作の成功率を高めるには綿密な調査から。


人と人の出会いというのはとても神秘的なものです。まさに神が決めていたかのような奇跡的なタイミングで二人が出会い、そして恋に落ちていきます。「もしあの日あの時あの店に入ってなかったら」「もしあの日雨が降らずにあの場所で雨宿りをしなければ」「もしあの電車に乗らなければ」出会うはずのなかった二人が出会い、恋に落ちることもなかった……そんな奇跡が世の中にはあふれています。しかし、全ての恋人達が幸せなゴールにたどりつくわけではありません。残念ながら悲しい破局を迎えてしまう二人もいます。そんな人のために存在しているのが復縁屋です。偶然は待っていても起こらないから人と人の出会いは奇跡的なタイミングからなされます。破局を迎えた、もしくは迎えつつある二人にとっても大切なのは「奇跡的なタイミング」の何かなのかもしれません。恋心がすっかりさめてしまった二人が、たまたま乗ったエレベーターが地震のせいで止まってしまって何時間も二人きりで過ごすことになってしまったとか、たまたま行った島で、嵐のせいで船が欠航になって何日間か足止めされてしまい、旅館に二人きりで過ごすことになったとか……そんな偶然が再び二人の心をつなぎとめることはあります。ドラマや漫画の中では……。

でも現実の世界に生きる私たちにそうそうそんな都合のいい偶然が起こるはずはないのです。そんな偶然を演出するのも「復縁屋」の仕事の一つです。偶然を演出する自分の恋人に対しての、恋する気持ちがなくなりつつあるとき、例えば見知らぬ人とたまたま知り合いになり、その人が自分の恋人のことを絶賛していたらどうでしょうか。例えば、「仕事で失敗してしまい、このままでは多額の借金を背負ってしまうような状況に陥ってしまったときに、たまたま現場に居合わせたその人が、知能の限りをつくし、あらゆる方法を駆使して自分を救ってくれた。あんなに素晴らしい人間は見たことがない」なんてことを言っていたら、自分の恋人を見る目が少し変わるんじゃないでしょうか。もちろんここでいう「たまたま知り合った見知らぬ人」と復縁工作員です。このような、一見幼稚に見えるような方法でも、復縁工作の成功率を向上させる貴重な一手だったりするのです。偶然誰かが自分をほめてくれるのを待つのではなく、その状況を演出し、作り出すのです。