seikouritu

復縁工作の成功率が低いパターンは?


復縁工作は、必ずしも成功するとは限りません。依頼をしても、せいぜい2~3割成功すればよい方であり、そのほとんどが失敗することになります。だから、依頼する前に、自分の復縁成功の可能性が、高いのか低いのか分かっていれば、無駄な費用をかけることがなくなります。ここでは、復縁工作の成功率が低いパターンを紹介していきたいと思います。

<相手に嫌われている>
一番難しいとされているのが、相手方に嫌われてしまっているケースです。復縁を依頼する人は、何かしらの原因でその人と別れてしまっております。そして、別れたのは相手に嫌われてしまったということが考えられます。ましてや復縁を強く希望する側は、振られた可能性が高いです。すると、依頼者の印象は悪いままであり、もし復縁するのであればその印象を良くしなければなりません。ただ、工作員がいくら工夫をしても、結局本人が嫌われたままでは、その人との復縁は難しいのです。やはり相手の心境が最も大事であり、それを払拭できない以上、成功率は低いままなのです。

<相手に恋人がいる>
一番厄介なのが、すでに相手に恋人がいるケースです。恋人がいる人と復縁するには、まず相手と別れさせることから始めなければなりません。つまり、工作員はまずどうやって別れさせるかを考える必要があります。もし新しい恋人と上手くいっていたり、絆が強かったら、そこに割って入るのは難しいです。また、仮に別れることに成功したとしても、依頼主と復縁するとは限りません。だから、別れさせることが無意味になってしまうこともあります。やはり相手に恋人がいるパターンは、成功率が低いため、そもそも依頼を受けてくれないことも考えられます。

<相手が遠方にいる>
また物理的な距離が離れているのも、成功率が低くなる要因です。復縁を依頼する人に多いのは、遠距離恋愛中に相手に浮気されたり、不倫されて別れるパターンです。これは、物理的な距離が離れた事により、気持ちも離れてしまって、復縁は限りなく難しいです。まずは距離を縮めるために、相手の住んでいるところの近くに住むことから始めなければなりません。