seikouritu

「復縁の難易度によって復縁工作の成功率は変わる」


復縁工作員との密な連絡が成功の鍵相手と復縁したいと思っても、相手との別れ方やそれまでの付き合い方などによっては、復縁の難易度も高くなってしまうこともあります。別れたことに納得がいかず、ついストーカーまがいの行動をしてしまうと、さらに復縁の難易度はあがってしまいます。付き合っているときは部屋に押しかけることが許されていても、別れた途端にストーカー扱いされてしまうこともありますので、復縁を考えるなら自分の行動には気を付けるようにしたいものです。

また、相手と連絡がとれなくなっていたり、引越しなどをして所在を不明にしている場合も、復縁のチャンスは難しくなってきます。復縁工作で成功率をあげようと思うなら、なるべく工作員とまめに連絡をとるように心がけておいたほうが良いでしょう。ちゃんとした会社であるなら、依頼者と細かい打ち合わせをするだけでなく、担当の工作員が定期的に報告をあげてくれるとともに、依頼者の心のケアなどもあわせて行ってくれます。

依頼者が介入すると失敗することも復縁工作を行っていて、もっとも失敗しやすいケースというのが、依頼者が工作員に黙ってターゲットに接触してしまうことです。途中経過を聞いて良い感触に思えてしまった場合、もしかして自分で会いに行ったら、そのまま復縁できるのではないかと、淡い期待を抱いてしまうのです。工作員は成功までのプロセスを綿密に計算しているため、途中で依頼者が相手に会ってしまうと、復縁工作も台無しになってしまうこともあります。

復縁したいとあせる気持ちがあっても、そこはグッと我慢して工作員からの連絡を待ちましょう。一度復縁工作が疑われてしまうと、次からはターゲットが工作員に対して不信感を抱いてしまうため、工作もうまくいかないこともあります。失敗したら他の復縁工作会社に依頼すればいいと考えるかもしれませんが、よほど時間が経たなければ、成功は難しいでしょう。復縁工作は何度もチャレンジできるものと考えず、一度きりの勝負と考え、依頼したほうが良いといえます。