seikouritu

復縁工作の成功率は高くないということを理解しておこう


復縁工作を成功に導くには、決まった形(マニュアル)にある程度沿って、業者は動いていきます。とはいっても、依頼者と相手の関係や別れた原因、相手の性格など千差万別なので、すべてが型どおりにうまく成功するとは限りません。むしろ、成功率の方が低いほどです。

業者は依頼者から、二人の関係性や別れるに至った状況などを詳しく聞き取りをして、マニュアルに沿って、個別にプランを立てます。相手の詳しい性格や現状がわからないので、プラン内容を決めるのが、とても難しくなります。
スタッフは、立てたプランを成功させるための打ち合わせを念入りにして、役割分担をした上で、実際の行動に移します。
住所や勤務先が変わってしまって不明の場合には、まずそれを調べることから始まり、相手に近しい人を尾行することもあります。これには大変な労力と時間がかかることが多いです。
居場所や勤務先がわかれば、相手や周辺に近づいて情報を収集します。そして、別れた原因や相手の気持ちを聞き出すことができたら、どのように対応すれば良いかを依頼者にアドバイスします。
そのアドバイスを受け入れて再度相手にアプローチするか、または人を介してアプローチをするかになります。または、全く別方法のアプローチを、アドバイスしてくれるかもしれません。

復縁工作とはほとんどが人間関係に頼る手法なので、必ずしも成功する保障はありません。依頼する業者の能力や手法によっても、大きく変わってきます。
しかし業者に依頼することで、相手の現状や気持ちを知ることができるので、反省も含めて今後の対応の参考になります。
たとえすぐに復縁が成功しなくても、時を経て自分も相手も変わることがあれば、業者のアドバイスを参考に行動することで、成功するかもしれません。
成功しなかったからといって、いたずらに工作期間を延長するとそれだけ費用もかかります。いったんやめて冷静になって自分自身を見つめ直すことも大切です。そうすることで、また新たな気持ちでやり直すことができて、良い関係が築けることもあるでしょう。
本当に復縁をしたいと思って高いお金を使って依頼する復縁工作は、ただ成功のためだけではなく、相手の気持ちを知る良い機会だと捉えても良いかもしれません。