seikouritu

『復縁工作の成功率、高く思えますか?低く感じられますか?』


■復縁をしたいけど、誰にも頼れず、自分の力でも難しい場合

好き合っていた方との別れ……悲しいですし、ショックですよね。好き合っていた相手なのですから、その悲しみや辛さは当たり前の感情です。そうして別れてしまった場合、どうしたらいいでしょう。一つは、悲しいしとても辛いですが、キツくても諦める・忘れる、という行動。もう一つが、相手との関係を取り戻す、つまり復縁を目指すという行動です。その別れてしまった相手や自分の間に、友人や知人などがいれば、その力を借りて復縁を目指せる場合もありますが、そういった人たちがいなかったり、自分一人でも復縁が難しい……となれば、復縁工作をしてくれるところに頼む、という手があります。ですが、そうしたところに頼んだ場合、どれくらいの成功率となっているのか、気になりますよね。このコラムで、復縁工作の成功率について、少し紹介します。

■数字というのは受け取る人次第です

まず、注意してもらいたいのが、復縁工作の成功率というのは正確に出せる数字ではありません。ですから、ここで紹介する一般的な成功率という数字は、あくまでかなり大ざっぱな目安として捉えてください。復縁工作をしてくれるところで言われる成功率というのは、大体7割〜8割が成功する、と説明するところが多いです。この「7割〜8割」という数字を、あなたはどう捉えますか?「意外と高い」と思う方もいるはずですし、「意外と低い」と思う方もいるはずです。前者は「100組中、70組か80組は成功するんだ」と思い、後者は「20組か30組は失敗するのか」という思いからそれらのように思うことでしょう。数字というのは、どういう状況で受け止めるか、どういう解釈で受け止めるかによってその意味が大きく変わります。まして、復縁を目指す人の場合、特に誰も頼れる人がいない場合の方に顕著ですが、早く復縁をしたいという焦りから頭に血が上っており、それによって冷静な判断が難しくなってしまっている人が多いです。そうした状態ですと、自分がその20組や30組に入ることを考えられなくなってしまいがちですから、よくよく冷静に考え、そして復縁工作を頼むか、判断するようにしてください。あるいは、こうした成功率のような数字を気にするのではなく、「自分でも頑張ろう」と思うことの方がよっぽど成功率を上げますので、そちらをオススメしたいところです。