tildology

女性が離婚を決意する原因とは


性格の不一致

夫婦が離婚を決意する理由の中で一番多いのが、性格の不一致です。結婚前は少しのわがままもかわいく見えるものですが、結婚して時間が経つとただの自己中に見えて、ケンカの原因になってしまうこともあります。
性格の不一致で別れる夫婦は多いですが、大きな理由が何かあるわけではなく、ささいなことの積み重ねで離婚を決意することが多いようです。
結婚して一緒に生活していると相手のイヤなところばかり目につくようになり、不満がたまりにたまって、ちょっとしたきっけかで離婚の引き金になってしまうとこもあるようです。

DVや浮気

離婚を決めるきっかけとなる理由の一つとして、夫からの暴力があります。結婚前は優しかったのに、結婚した途端、豹変してしまう男性も多く、仕事のストレスを家に持ち帰り、妻や子どもに暴力をふるうことで発散する男性もいるようです。身の危険を感じたことから、離婚を決意す女性が多いようです。
以前はDVによる離婚は男性によるものがほとんどでしたが、最近は妻からのDVを理由に離婚を考える夫も増えています。
また、夫の浮気をきっかけに離婚を考える妻も少なくありません。一度ならまだしも、何度も浮気を繰り返す夫に嫌気が差し、離婚を決意するようです。
浮気がひどくなると家に帰ってこなくなり、生活費も渡さなくなることもあります。最近では共働きの夫婦も多いですが、子どもがいる場合はフルタイムで働けないので夫が収入を入れないと生活が成り立たず、これなら一人で生きたほうが良いと考え、離婚に至るようです。

離婚を決意したときに考えておくこと

離婚を決意するのは簡単ですが、その後の生活のことを考えておく必要があります。これまで夫の収入で生活をしていた場合、離婚後は養育費と慰謝料をもらえるといっても、生活レベルが落ちることは間違いありません。
特に共働きだった場合、かなり生活水準が落ちてしまうので、その覚悟をしておく必要があります。
また、今現在仕事をしていない場合は、離婚後に生活できるよう、仕事を見つけておかなくてはなりません。