tildology

復縁のために電話を有効活用する方法

復縁の話を持ち掛けるときどんな連絡方法をとりますか?

メールやSNS、電話など連絡手段はさまざまな手段がある中、何をチョイスするかで復縁の可能性を左右するかもしれません。

復縁に効果的な連絡手段とそのタイミングについてご紹介していきます。

■言葉を交わすことで気持ちが伝わりやすい

SNSなどで送信した文面が相手には思ってもみない意味にとらえられ、トラブルになってしまったという経験はありませんか?

大きなトラブルはなくとも、意図していない意味にとらえられたり、なかなか伝えたいことが伝わらない、といった思いをしたことがある人は多いかもしれません。

文章をいくら丁寧に書いても、自分のその時の感情までのせることはできません。

また、相手の細かな感情の変化を文章から感じ取るには限界があります。

復縁をしたいといったデリケートな話を持ち掛けるなら、きちんと言葉を交わして自分の気持ちを伝えることが大切です。

電話という二人だけの空間の中で話せば真剣な思いも伝わりやすいでしょう。

また相手の反応もわかりやすいので、こちらの思いを一方的に言ってしまう、といったことにならずにすみます。

■復縁の電話はタイミングが大事

互いが冷静になれるよう冷却期間を置いたとしても、別れた相手からいきなり電話が来たら出てくれない可能性もあります。

別れてからはじめて連絡を取るとき、まずはメールやSNSなどを使いましょう。

気軽に連絡の取れる友人感覚でやり取りができるようになれば、電話でも抵抗なく話をしてくれるかもしれません。

大切な話はやはり、きちんと言葉で伝える方がより相手の心に響きます。

もちろん面と向かって伝えることも素敵なことです。

しかし電話なら周りの目を気にする必要もなく話に集中できるので、より距離が縮まりやすいというメリットもありますよ。

SNSの発展で電話で話すことが減ってきているとはいえ「自分の気持ち」といった感情を伝えるにはやはり電話がベストなのかもしれません。

例えばプロの恋愛相談なども電話で行われる場合が多いように、緻密で繊細な恋愛の話は会話形式が一番伝わりやすいといえます。

勇気をもって、復縁したい気持ちを電話で伝えてみましょう。